新たな社員成長支援策を開始します!
2018年7月4日
JCTへ転職してから
2018年8月21日
すべて見る
こんにちは。
社内平均年齢ど真ん中のYです。
※平均年齢は20代後半です。

今日は仕事で役立つ知識や手法について書いてみます。

皆さんは普段どうやって仕事を進めたり(勉強でもいいです)してますか?
ノリと勢い!!って方もいれば、人に聞きながら、指示を受けたことを忠実に、
などなど、人それぞれかと思います。

ではIT業界の仕事ってどうやって進んでいるでしょうか。
そもそもIT業界って難しそう。。。とか、理系っぽい。。。とか思われがちですよね。
確かに間違ってはないんですが、思っているよりもシンプルだと私は考えます。

業務は大枠として「設計」「構築」「運用など」と分かれますが、
分かりやすく例を用いてみたいと思います。

--------------------------
まっさらな土地に町を作ろう!
→これがプロジェクトです。

どんな町にするか地図を書こう!
建物もどんな構造にするか考えよう!
→設計段階ですね。

地図に書いたこと、考えた建物を実際に作っていこう!
→これを構築といいます。

完成した町の老朽化やトラブルに備えよう!
→これが運用にあたります。
--------------------------

大まかにはこのような流れがあり、各担当が分かれてますので
仕事の流れや進め方はいたってシンプルです。

その中で役に立つ知識や手法として
・WBS
・ガントチャート
・PDCA
・PDS
などなど

様々な手法を用いて、数々の仕事をこなしてきましたが一つ気づいたんです。
「これ、どの業界でも共通のことじゃん」
文字で見てしまうと難しいのですが、中身は難しくありません。
そういった、どんな仕事でも役に立つ手法をガンガン身につけられるのは
IT業界ならでは!?と感じています。