インフラエンジニアとしての仕事
2018年5月18日
縁の下から
2018年6月8日
すべて見る
こんにちは。創立メンバーのDです。

私は弊社に入社したのが2013年、当時は設立から半年ほどのいわゆるベンチャー企業でした。
それから少しずつ事業が大きくなり、在籍する社員数も入社当時の3倍以上、
会社の成長を長く、近くで見てきた人間の一人でもあります。

エンジニアとしてこれまで様々な仕事をしてきました。
日本全国にある有名企業様の監視業務や一般ユーザ向け機器の検証作業、
某企業様のITインフラ総入れ替え、
大規模ホールディングスカンパニー様の社内インフラ全般の担当。

ネットワークだけでなく、サーバや仮想、ストレージやクラウド、
セキュリティ対策、本当に多岐にわたる仕事をしてきました。
※広く浅くというツッコミは受け付けておりませんww

では、これまで培ってきた経験を今後のキャリアパスを考えた時にどう活かせるか。
何でもやってきたからこそ、エンジニアとしては何でもできます。
どれにでも特化させるだけのベースは築いてきました。

かといって、エンジニア以外の道だってあるんです。
エンジニアを経験し、理解しているからこそ、見えてくる世界もあるので、
管理職、営業職、バックオフィス、、、
どんな仕事を選んでも自分のバックグラウンドが無駄になることはありません。

自身のキャリアパスを考えた時に、エンジニアとして過ごしてきた期間は
仕事の選択肢、仕事の世界を広げてくれます。可能性はいくらでも増えていきます。
弊社で仕事をしているからこそ発見できたことかもしれませんね。