ハードル走のコツ
2017年11月24日
祝!5周年!
2017年12月8日
すべて見る
こんにちはTです。
5月に入社し、早くも半年が過ぎたこの機に筆を執る機会をいただきました。
今回は私が”JCTに入ってから感じた正直な感想”を書き記したいと思います。

元々エンジニアをしていたわけではなく、社会に出てから事務職しか経験してこなかった私ですが、
入社したてのころは、将来的に自分がエンジニアとして、どういったキャリア(ビジョン)を描いていくのか
わからない状態でした。エンジニアとしては、まさに“生まれたての小鹿状態”です。
ですが、半年経った現在では、“生まれたての小鹿状態”をなんとか脱しつつあります。

私がエンジニアとして成長できているのは、環境のおかげであると考えています。
技術研修、受験費用補助、資格手当のおかげで学ぶことに対して積極的になれました。
社内検定制度では日々の学習の成果を試せるので、次の学習目標をしっかり立てることができました。
現場での実務や別の現場で働く諸先輩方が手助けをしてくれました。
“自立した鹿“となれるよう、環境の力を最大限に活用し、今後も引き続き学んでいきます。

JCTでは毎月イベントが開催されますが、これが入社してからずっと、私の楽しみになっています。
普段現場が離れていて会えないような方々と、仕事の話やプライベートな話など、
お酒を交えつつ共有できるところがすごくいいです。
社員の年齢層が全体的に若いというところも手伝ってか、比較的気楽に話すことができます。
ただ日々働くだけではなく、社内外でのコミュニティがあることで、充実した毎日を送れています。

良いところばかり書き連ねてしまい、胡散臭く感じる方もいるかもしれませんが、
自分の正直な気持ちを書いたらこうなってしまいました。
目指せ、充実した毎日の継続!ということで、JCTが今後大きく盛り上がるよう、
エンジニアとしての自分はもちろん、諸先輩方のような会社をリードしていけるような存在になるべく、
日々努力を重ねていきたいと思います。